田中屋が集めたきもの展

  2011年10月14日(金)−17日(月)
    11:00-19:00 (最終日18:00迄)

  会場 weeksギャラリー(スリービーポッターズ5F)
        福岡市中央区薬院1-8-8



仁平幸春の染の世界




  仁平さんの染仕事はいわゆる友禅染やろうけつ染めという
  カテゴリで括ることはできません。
  色々な技法を自由に使いこなしながら
  古典文様は斬新に
  オリジナル柄はまるで古典柄のように
  そして和柄以外のものも
  日本的湿度を感じるように作り上げてしまいます。



  
仁平幸春 NIHEI YUKIHARU
   1965 東京生まれ
      都立工芸高校デザイン科卒
      さまざまな職業についた後、
      染色家として独立
   1998 東京代々木にdye works Fogliaを設立
      その後、東京西早稲田に工房を移転

   時代や形式を、独自の感性でひとつの作風として
   自由自在に作り上げる「仁平幸春氏の世界」は
   九州初のお披露目です。



 
「お話し会の開催

  「仁平氏が語る染と文様について」
  10月15日(土)・16日(日) 13:00より
  参加費無料・要予約




普段使いからフォーマルまで。
いろいろな名古屋帯を集めました。


   

   

   
型絵染 添田敏子作
   有職織 喜多川俵二作
   型絵染 岡本紘子作
   縞織  吉田美保子作
   染帯  仁平幸春作
   綾織  加藤富喜作
   西陣織 勝山織物


田中屋が集めたきもの

   
赤城座繰紬  芝崎重一作品
   塩繭の帯   勝山健史作品
   八丈織    菊池洋守作品
   着尺・九寸帯 柳崇作品
   友禅     品川恭子作品
   全国の織や染の作品等々


[会場のご案内]

 会場:weeks ギャラリー(スリービーポッターズ5F)
      福岡市中央区薬院1-8-8