土鍋とうつわ伊賀の上質な粘土を使った土鍋が人気の圡樂窯。土鍋は使ってみると便利で楽しいのになぜか使うまでのハードルが
高いと思われる方が少なくなくて少し遠い存在になっているように感じます。でもそんな人にこそこの土鍋を使って頂きたいです。
手軽さと使う楽しさ、そして料理の幅が大きく広がります。土鍋は使えば使うほど魅力が増していく調理器具だと思います。

そして今回は土鍋だけではなく

圡樂窯のうつわや福森道歩さん、柏木円さんの作品も勢ぞろいです。

食卓に合わせやすく使い勝手の良いうつわばかりです。様々なシーンで活躍する土鍋とうつわきっと長く暮らしを共にすることが出来るでしょう。
浮羽では土鍋を味わう会も開催予定です。ぜひお出かけ下さい。







福森道歩さん プロフィール

江戸時代から続く窯元「圡楽」の七代目福森雅武の四女。
八代目当主。
料理研究家・村上祥子氏のもとで3年、
辻調理師専門学校で1年料理を学ぶ。
京都の禅寺での生活を1年経験したのち、2003年に家業に入る。
土鍋とうつわを作る傍ら、全国のギャラリーや企業の料理教室などで
土鍋を使った料理をレクチャーする。
素材や土鍋の持ち味を生かした料理を志す。
著書に「スゴイぞ!土鍋」 (講談社)
「土鍋だから、おいしい料理」 (PHP出版)

柏木 円さん プロフィール

1974年土楽七代目 福森雅武の三女として生まれる。
1996年より土楽にて家業従事。
2005年、結婚、益子にて独立。
2010年、伊賀に戻り工房を構え、現在に至る。

企画展へ戻るには こちらから